ある在宅ヘルパーのつぶやき

在宅ヘルパーになって早5年めに突入…。 日々のできごと、感じたこと、たまにはグチも…ヘルパー的日常を綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヨン様好きの母にねだられ「四月の雪」観てきました。親孝行親孝行…
(llll ̄~ ̄;lll)う~ん・・・
え?これで終わり?って感じの映画でした。
ホ・ジノ監督の特徴かかなりセリフが少ない。
シーンのカットが多くて場面がころころ変わる。
けど、ヨン様ええカラダしてる。
評価は★★★☆☆
cinderera.jpg

実はこないだの日曜には「シンデレラマン」も観たのです。
本当は「チャーリーのチョコレート工場」を観たかったのですが、
あいにく満席で諦め仕方なく「シンデレラマン」にしました。
これも(llll ̄~ ̄;lll)う~ん・・・
感動するだろうとハンカチにぎって観てたのですが
あまりにも普通のストーリーすぎて感動できなかった。
ボクシング映画としては「ロッキー」の方が断然いいと思う。
ラッセルクロウの作品としては「グラディエーター」の方がよかった。
けど、ラッセルクロウなんであんなになで肩なんだ?
これも★★★☆☆

4日間で2本も映画を観たわけですが、どちらも今ひとつでがっかり。
次は好きな作品にめぐりあえますように・・・

今日、映画の最中に4回も娘の学校から電話が入っていて
あわてて観賞後学校へ電話を入れたらまた過呼吸の症状がでたそうで、
「でも、今はもう元気にされてます。」とのこと。
よかったーホッ(-。-;)
こんな時に限って調子悪くなるのよね~。
大した発作でなくてホントよかった。
ここんとこ落ち着いていたから安心してたんだけど、
まだまだ治ってないみたい。トホホ
スポンサーサイト


今日娘と前から気になっていた映画「マラソン」を観てきました。
自閉症のハンディキャップを持ちながらも42.195キロを完走した青年と、
彼に献身的な愛情を注いだ母親の実話を映画化したものです。
障害者にとても冷たいと言われる韓国で、この映画がヒットしたことは
とってもいいことだと思います。
自閉症という障害を持った息子を見守る母親にスポットを当てているの
ですが、障害をもっていない子供に対してでも同じような気持ちを
持つのではないかなぁと感じました。
なかでも、マラソンを走りたいと訴えて母親の手を離して
走っていくシーンにはじーんときました。
子供を育てるということは本当に難しいことです。
その子供が障害者だったらなおのことでしょう。
子供を育てながら自分も成長していくのでしょうけど…。
私は成長できてるのかしら??
欲を言えば、主人公の父親や弟の感情ももっと盛り込んでくれたら
よかったなぁという気がします。

それにしても自閉症の息子を演じていたチョスンウ。
演技うますぎます。「ラブストーリー」の時と別人です。
【送料一律380円】税込 【新品】ターミナル DTS (DVD)【スペシャル・エディション】
昨夜のこと…
レンタルしてたんだけど明日返さないといけない。
時間を見ると12時(ーー;) ウッ
でも観ないと損だよなぁ。
今から観たら寝るのは深夜2時を過ぎる。
観ないともったいないしなぁ。
明日は8時からの仕事が入ってるよぉ。
色々な葛藤の末結局観ました「ターミナル」

泣ける映画と思って観たのですが、コメディ映画でした。
笑えるシーンも多いし、脇役の人たちもいい味出してたけど、
う~ん・・・
キャサリンゼタジョーンズとの絡みもいまひとつだったし、
ニューヨークに行かなくちゃいけない理由もう~ん…って感じ。
ラストも中途半端なハッピーエンドだったしなぁ。
退屈はしなかったけど、感動度はいまひとつ。

あーお陰で今日は寝不足気味
ネ、ネムイ・・メヲ、ゴシゴシ(^_\)(/_^)ゴシ
早く寝よっと!

choristess.jpg


遅ればせながら「コーラス」観てきました。
まえまえから気になっていたこの映画、5月いっぱいのタダ券が
あったこともあって(これが1番大きな理由か?!(ーーA;;)
行って参りました。
場所はかなり場末の映画館。いつもはガラガラなのに満員!
さすがフランスの7人に1人は観た映画だなんて思いながら観賞。
沁みました…少年の歌声が…
ほろりと涙がこぼれました。
先生との出会い。母への想い。
あ~いい映画でした。

早朝から映画を観に行って帰って来た娘を引っ張って
行きました。お疲れさん!!
受験生を振り回してるのは実は私であった(;^_^A アセアセ・・・
でもいい映画だったでしょ??

conan1.jpg


子供にせがまれ朝もはよから映画館へ。
な~んと8時過ぎには映画館に到着しておりました。
映画は「名探偵コナン水平線上の陰謀」
私は上映中寝ておこうと思っていたのですが、
観ているとなかなかおもしろくてひきこまれて
いっちゃいました。
今回はえらく簡単に事件解決するんだなぁと
思っていたら…。そこからまた新たな展開が。
いつも三枚目の毛利小五郎がえらくかっこいいではないの。
ハラハラドキドキで眠気もこず、あっという間に終ったのでした。

その後食事をして買い物をして帰ってきたのですが、
帰りの電車の中に子供が誕生日プレゼントとして買ってあげた物を
忘れるという事件発生!
幸い降車駅が終着駅の1つ手前だったので次駅に問い合わせてもらい
みつかりました。感謝感謝です。
1番喜んだのはもちろん娘です。
私もせっかく使ったお金が無駄にならずにすんでよかったー。

ハラハラドキドキに始まりハラハラドキドキに終った1日でした。

作品賞:「ミリオンダラー・ベイビー」
監督賞:クリント・イーストウッド「ミリオンダラー・ベイビー」
主演男優賞:ジェイミー・フォックス「Ray/レイ」
主演女優賞:ヒラリー・スワンク「ミリオンダラー・ベイビー」
助演男優賞:モーガン・フリーマン「ミリオンダラー・ベイビー」
助演女優賞:ケイト・ブランシェット「アビエイター」


色々予想していたのですが、ちょっと予想外…。
主演男優賞は「アビエイター」のレオナルド・ディカプリオかなと思っていたのですが、「Ray/レイ」のジェイミー・フォックスでしたね。有力視されてただけになんだかかわいそうな気もしますが、彼はまだ30歳。これからまたチャンスが訪れることを信じて頑張って欲しいです。そういう意味からすると「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド(74歳)には心から祝福を!って感じです。まだどの作品も観ていないのでなんとも言えないのが正直なところですが、受賞作品をできるだけ観てみようと思います。

私はアカデミー賞授賞式の華やかさや、受賞した時の喜びのトークを聞くのがとっても好きです。あの舞台に上がる気持ちってどんなだろうなぁ。経験するはずもないことを想像をし、ドキドキしながら見ちゃいます。((((o´▽`)o))) ドキドキ♪
20050209232024.jpg


今日はレディースデーで1000円なので、気になってたこの映画を友人と3人で観てきました。泣けました。・゜゜・(lll>_<、lllll)・゜゜・。
一緒に行った友達は声を出して泣いてました。それ見て笑いながら泣いてた私です。合い間にお腹がグーグーなったり(^。^;;純愛もの観ながらそれはないやろー
涙なしでは観れない映画と聞いていたので「泣けなかったらどうしよう」と変な不安を抱きながら観たのですが泣けてよかったぁ。まだまだ私の中にも普通の感性が残っていたのねぇε-(´▽`) ホッ

アルツハイマーの老女に一人の男性が毎日ある物語を読み聞かせるうちに老女が徐々に記憶をとりもどしてきて、奇跡が起こるのであるが…。地元の青年を演じるライアン・ゴズリング。はじめはイマイチ冴えない男と思ってたんだけど、段々渋くなってきて、相手役のレイチェル・マクアダムスもとってもかわいかった。

「あんなにも純粋に一人の人を愛せたら幸せやろなぁ」
「でも現実には絶対無理よなぁ」
「愛なんて冷めるよね」
「やっぱりお金よなぁ」
なんて夢のない会話で締めくくられましたが、映画を観てる2時間うっとり夢を見させてくれました。いい映画に出会うとホントにうれしい。
また行こうっと!o(^∇^o)(o^∇^)o


20050206141516.gif

1995年の少し古い作品ですが、DVDで観ました。
この物語は実話で、アメリカのアルカトラズ刑務所が舞台です。
もともとこういうジャンルの映画は苦手なんだケド、あるHPで絶賛されているのを見てちょっと観てみようかなと思いました。

ケビン・ベーコンの演技秀逸でした。
クリスチャン・スレ―ター演じる若手弁護士とケビン・ベーコン演じる一囚人との友情。ものすごい深みのある、心に残る映画だった。とてもオススメです。機会があったら是非観てみてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。