ある在宅ヘルパーのつぶやき

在宅ヘルパーになって早5年めに突入…。 日々のできごと、感じたこと、たまにはグチも…ヘルパー的日常を綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品賞:「ミリオンダラー・ベイビー」
監督賞:クリント・イーストウッド「ミリオンダラー・ベイビー」
主演男優賞:ジェイミー・フォックス「Ray/レイ」
主演女優賞:ヒラリー・スワンク「ミリオンダラー・ベイビー」
助演男優賞:モーガン・フリーマン「ミリオンダラー・ベイビー」
助演女優賞:ケイト・ブランシェット「アビエイター」


色々予想していたのですが、ちょっと予想外…。
主演男優賞は「アビエイター」のレオナルド・ディカプリオかなと思っていたのですが、「Ray/レイ」のジェイミー・フォックスでしたね。有力視されてただけになんだかかわいそうな気もしますが、彼はまだ30歳。これからまたチャンスが訪れることを信じて頑張って欲しいです。そういう意味からすると「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド(74歳)には心から祝福を!って感じです。まだどの作品も観ていないのでなんとも言えないのが正直なところですが、受賞作品をできるだけ観てみようと思います。

私はアカデミー賞授賞式の華やかさや、受賞した時の喜びのトークを聞くのがとっても好きです。あの舞台に上がる気持ちってどんなだろうなぁ。経験するはずもないことを想像をし、ドキドキしながら見ちゃいます。((((o´▽`)o))) ドキドキ♪
スポンサーサイト
疲れすぎて無性にチョコレートが食べたくなるあなたへ( 著者: カレン・スカルフ・リーナメン /...
「疲れすぎて無性にチョコレートが食べたくなるあなたへ」
まさに私この状態なんです。
仕事の合間も仕事の後も無性にチョコレートが食べたくなる。ダイエットしたいとか言いながらこれではダメですよね。わかっちゃいるけどやめられない。(×_×;)家にチョコレートを置かなければいいんですよね。

それよりも身体がどうしてチョコレートを要求するのか…。
やっぱり疲れてるんですよね。心も体も…。キット身体からの注意信号なんでしょう。それと私には月経前症候群(PMS)の傾向が見られる。こんな自分とうまくつきあっていかないとなぁ。

さあて、今週末くらい友達と飲んで騒ぎますか…(^▽^;)
こんな解消の仕方はこの本には書いてありません。アシカラズ
これ↓が今日のお昼ごはんでした。
キューピーダイエット宣言ねぎと野菜のかんてん麺(しょうゆ味)45kcal

最近、体重というよりポッコリお腹に悩んでおり、今のうちにダイエットせねば、取り返しのつかないことになるぞって危機感を感じてきました。おばさん体型にはなりたくない(;。;)
ということで昨日から昼食にこのキューピーダイエット宣言のシリーズを食べてます。昨日はカレー風味の玄米雑炊を食べたんだけど、「なんかまずそう」って思ったけど、これが意外にいける。今日の寒天麺もなかなかだった。それもたった45kcal!!ただ、やっぱり物足りなくておかきとかつまんじゃいましたけど…。でも、普通にご飯食べてても間食してるし、トータルの摂取カロリーは減っているに違いない。これに少しの腹筋とダンベル体操プラスして
目指せ!〇〇㎏!!(^。^)/いつまで続くことやら…
今日は娘の14回目の誕生日でした。

出産予定日の2月7日を11日も過ぎ、これ以上延びると赤ちゃんが大きくなりすぎるとのことで、私は朝より陣痛促進剤を飲んで陣痛を待っていました。お昼ご飯を食べているとなんだかなま温かいものが身体から出てきます。ビックリして先生に診てもらうと破水とのことです。破水すると赤ちゃんが感染の危険性があるそうで、陣痛促進剤と抗生剤の点滴が始まりました。

それからというもの強い陣痛が何度も襲ってきます。その間隔が短くなっても一向に産まれる気配はありません。赤ちゃんが全く下へ下りてこないのです。長い長い夜の始まりです。夜中は看護婦さんの数がぐっと減ります。その上暗くし~んとしていてとっても心細いのです。何度も何度も襲ってくる陣痛に叫びたい気持ちでした。

やっと朝が来てもやっぱり子宮口は開かず産まれる気配はありません。結局その日の夕方になっても産まれなかったのです。もう私の体力も限界にきていました。私は「先生もう切って!」と叫んでいました。先生も帝王切開する方がいいと判断され、それから手術準備。陣痛の中剃毛。陣痛の中レントゲン撮影。陣痛の中承諾書へのサイン。やっと手術室へ…。麻酔を打つとやっと陣痛から解放されホッとしました。そして、数十分後元気な女の子が生まれました。私は元気に泣く我が子の顔を見てスーッと眠りに落ちていきました。

後から聞くとへその緒が短かったために下へ下りれなかったらしい。もし無理に自然分娩していて、頭が出る前にへその緒が切れていたら赤ちゃんは死んでいたのです。あの時「切って!」と叫んでよかったと思いました。へその緒が長くて首に巻いていたとかいう話は聞いたことありましたが、短いのは初めて聞きました。ホントに無事産まれてくれてよかった。感謝の気持ちでいっぱいでした。初めて我が子を抱いておっぱいを飲ました時の感動。今改めて思い出しました。

今では自分と同じ位の背丈になり、生意気なことも言うし、憎たらしいこともあるけど、優しいいい子に育ってくれました。
ありがとう。これからもよろしくね。
数日前のグループホームで28才の男性介護職員が84才の入居女性を殺害した事件。容疑者は「自分の思い(理想)と現実とのギャップを感じ、爆発した」と供述したらしい。私もヘルパー成り立ての頃、利用者さんのためにはこうあるべき!介護とは!みたいにかなり理想を追っていたように思う。利用者さんの悩みを自分のことのように背負い暗くなる日々もあった。いろんな性格の利用者さんがいて罵声をあびて泣いた時もある。かなりのストレスを感じていたと思う。でも3年経った今それなりに力を抜きいい加減で利用者さんと関われるようになった。それは経験が大きな要因だろうし、また、自分の思いを語ったり、相談できる同僚がいたことがとても励みになった。容疑者も殺害された女性との間にどんなことがあったのかは判らないが、かなりのストレスを抱えていたんだと思う。そうなる前に誰かに相談するなり、風通しのいい環境があればこんなことにならなくてすんだんではないかと思う。

それから大阪の寝屋川の小学校で卒業生17歳の少年が教職員3人を殺傷した事件。「いじめにあった時に助けてくれなかった」と供述しているらしい。この少年は中1の途中より登校拒否し、ひきこもっていたらしい。少年にとってはいじめられていたことは大きな傷となっていたのだろう。ただこれも親なり兄弟なり友人なり話せる人がいれば防げた事件ではないかと思う。

様々なストレスやいじめの問題。色々な困難を乗り越えて人は成長していくんだと思う。そのたびに人を殺していたのではたまらない。被害者の家族、また加害者の家族の気持ちを思うと心が痛む。
20050214175151.jpg


昨日、ナンバ高島屋で開かれていたオードリーヘップバーン展へ行った帰りに梅田阪神前でふと紅さんオススメのクラブハリエのバームクーヘンを思い出した。
そうだ!阪神にはたねやが入っていたはず…。ってことはクラブハリエもあるかも?
と覗いてみるとありました、ありました、バームクーヘン(*^-^*)
数人並んでいる模様。メゲズに並ぶ。ついにGETしましたぁ!!今日のバレンタインデーにあわせて旦那へのプレゼントということにして、家族揃ってご賞味。う~んおいしい。昔ながらの製法で丹念に焼き上げられた自慢の逸品らしいお味でした。
紅さんに感謝o(*^▽^*)o~♪

20050214175125.jpg


話変わって~
その前に行ったオードリーヘップバーン展。なかなか中味濃い内容でした。あんなに美しいオードリーにも両親の離婚や戦争など様々な苦悩があり、生涯体重が50kをこえることがなかったことを安易に羨ましいと思っていた自分を恥じました。拒食症と過食症にかかっていたのです。
オードリーのプライベートな側面なども垣間見れてとってもよかったです。
20050212230701.jpg実家の両親が親戚の結婚式のため3泊4日の予定で九州へ出掛けた。
そのため実家の愛犬サクラはわが家で居候。
柴犬の♀5歳です。うちのポロンは大喜びで「遊ぼう遊ぼう」とサクラにまとわりつく。サクラはいつもと違う環境にとても不安げで落ち着かない。2.3時間に1回は玄関に行ってク~ンと泣く。やっぱり両親が恋しいのだろうなぁ。柴犬は飼い主に忠実とか言うし…。犬ながらなんかいじらしい。

サクラを預かって大変なこと1つ。
それは散歩。小さいポロンと比べると引っ張る力も違うし、何よりウンチするまでに時間がかかる。うちのポロンはアスファルトの上でもするし、5分も歩かないうちにウンチしてくれるから楽チンだ。かたやサクラは1時間くらい歩かないとしてくれない。それも土じゃないとダメなのだ。キツイ…家の近くに土があるとこ少ないのよねぇ。これが本当の犬の散歩なのかな。もしかして痩せられるかも?4日じゃ無理か(^▽^;)

サクラ!さみしいだろうけどもう少しの間我慢してね。
20050212230722.jpg

20050209232024.jpg


今日はレディースデーで1000円なので、気になってたこの映画を友人と3人で観てきました。泣けました。・゜゜・(lll>_<、lllll)・゜゜・。
一緒に行った友達は声を出して泣いてました。それ見て笑いながら泣いてた私です。合い間にお腹がグーグーなったり(^。^;;純愛もの観ながらそれはないやろー
涙なしでは観れない映画と聞いていたので「泣けなかったらどうしよう」と変な不安を抱きながら観たのですが泣けてよかったぁ。まだまだ私の中にも普通の感性が残っていたのねぇε-(´▽`) ホッ

アルツハイマーの老女に一人の男性が毎日ある物語を読み聞かせるうちに老女が徐々に記憶をとりもどしてきて、奇跡が起こるのであるが…。地元の青年を演じるライアン・ゴズリング。はじめはイマイチ冴えない男と思ってたんだけど、段々渋くなってきて、相手役のレイチェル・マクアダムスもとってもかわいかった。

「あんなにも純粋に一人の人を愛せたら幸せやろなぁ」
「でも現実には絶対無理よなぁ」
「愛なんて冷めるよね」
「やっぱりお金よなぁ」
なんて夢のない会話で締めくくられましたが、映画を観てる2時間うっとり夢を見させてくれました。いい映画に出会うとホントにうれしい。
また行こうっと!o(^∇^o)(o^∇^)o


私の実家の隣家のご主人がお風呂場で亡くなりました。まだ、63歳という若さでした。お酒が大好きな方だったのでたぶん酔っ払ってお風呂に入られての事故だと思います。とっても残念です。
利用者さんの中でもお風呂で死亡されるケースがとても多いです。参考までに入浴中の突然死を防ぐための注意を上げてみます。

  1.風呂に入るときは、家族に声をかける。

  2.脱衣所と浴室の温度差が大きくならないように、脱衣所は
    暖房する。

  3.寒い日の長湯はさける。お湯の温度は38~41度にし、
    入浴時間は20分以内とする。

  4.首までつかるのではなく、かけ湯か、半身浴にする。

  5.血圧降下剤を入浴の直前直後に服用しない。
    飲酒後の入浴も避ける。

  6.高血圧、動脈硬化、糖尿病、心疾患などを持つ高齢者の
    入浴には特に注意する。



以上ですが、入浴中の血圧変動は、室温が低く、湯の温度が高く、浴槽が深いほど激しいそうですので、ご注意ください。
また、お風呂場の床はとてもすべりやすいので、転倒にもくれぐれも注意したいです。
私自身、仕事の中で入浴介助を何件か担当しています。冬場は特に気をつけたいと改めて思う今日でした。
20050206141516.gif

1995年の少し古い作品ですが、DVDで観ました。
この物語は実話で、アメリカのアルカトラズ刑務所が舞台です。
もともとこういうジャンルの映画は苦手なんだケド、あるHPで絶賛されているのを見てちょっと観てみようかなと思いました。

ケビン・ベーコンの演技秀逸でした。
クリスチャン・スレ―ター演じる若手弁護士とケビン・ベーコン演じる一囚人との友情。ものすごい深みのある、心に残る映画だった。とてもオススメです。機会があったら是非観てみてください。
年に1.2度高校の仲間数人が集まる。
こんなことが始まったのもつい2年ほど前だ。きっかけは仲間の一人の乳癌。その友達が新地で店をしていたこともあって励ましがてら集まろうというのが発端だった。
数年振りにあわす顔、髪が薄くなってたり、太ってたり、それぞれにしわも増え年月の経過を感じさせる。でも、不思議なものでその年月を感じさせないように会話が弾む。知らぬ間に会わなかった時間が埋められる。高校時代という多感な時を共に過ごした仲間だからだろうか。
去年の暮れ集まったところなのだが、来週また集まろうと声がかかった。海外に働く仲間が帰国するらしい。それが、ちょっと私とのいわくつきの彼なんでございます。会ってみたいと思いつつ、会わない方がいいのかもとも思う。ちょっと微妙な心境です。もっと早く言ってくれないかなぁ。急なんだから~!あと数日じゃダイエットもできやしない。とりあえずは髪切りに行ってこよっと(;^_^A 
続きを読む
すべての雲は銀の…(上) ( 著者: 村山由佳 | 出版社: 講談社 )読み終えました。この本の読後感かなりいい。村山由佳の本は「翼」を読んだのが最初。この作者のほとんどの物語の主人公は何らかの傷を負っている。いろんな経験をする中で再生していく過程が力をくれる。この「すべての雲は銀の…」は登場人物一人一人がとても魅力的ですごく惹かれた。人は皆なんらかの悩みを抱えて生きています。その悩みをどうやって乗り越えるか。乗り越えるのは自分自身でしかないのだろうけど、人にはやっぱり寄りかかる人が、人の思いやりが、優しさが必要なんだろうなぁと思います。
Every cloud has a silver lining. どんな不幸にもいい面はある
そういう風に思うとちょっとラクかもなぁ。
今日はこの冬1番の寒さだったと思う。←(あくまで私的にですが)
寒すぎ~{{{{(llllll><llllll)}}}}その上風がきつい。自転車ごと吹き飛ばされそうな勢いだった。髪の毛振り乱し、向かい風に打ち勝つべくペダルを踏む様はちょっと近寄りがたい雰囲気が漂っていると思う(;^_^A こんな日は貼るカイロが活躍。腰に貼るとポカポカあったかい。でも、これですんごい暖房のきいた利用者さんのお宅に行くと汗まで出てくる。かといってそんなところばかりではなく、すきま風ピュ―の寒いお宅もございます。お湯も使わせていただけないお家もあります。これは冬ばかりの話ではなく、夏も冷房がきいて心地よいお家もあれば、もったいないと扇風機だけのお家もあります。そして極めつけは夏の入浴介助。汗だくです。この仕事、汗が出るほど暑かったり、耳がちんぎれそうに寒かったり、もう私の副交感神経は大忙しだと思う。そのうちこわれてしまわないだろうか…。心配だ。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。