ある在宅ヘルパーのつぶやき

在宅ヘルパーになって早5年めに突入…。 日々のできごと、感じたこと、たまにはグチも…ヘルパー的日常を綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
conan1.jpg


子供にせがまれ朝もはよから映画館へ。
な~んと8時過ぎには映画館に到着しておりました。
映画は「名探偵コナン水平線上の陰謀」
私は上映中寝ておこうと思っていたのですが、
観ているとなかなかおもしろくてひきこまれて
いっちゃいました。
今回はえらく簡単に事件解決するんだなぁと
思っていたら…。そこからまた新たな展開が。
いつも三枚目の毛利小五郎がえらくかっこいいではないの。
ハラハラドキドキで眠気もこず、あっという間に終ったのでした。

その後食事をして買い物をして帰ってきたのですが、
帰りの電車の中に子供が誕生日プレゼントとして買ってあげた物を
忘れるという事件発生!
幸い降車駅が終着駅の1つ手前だったので次駅に問い合わせてもらい
みつかりました。感謝感謝です。
1番喜んだのはもちろん娘です。
私もせっかく使ったお金が無駄にならずにすんでよかったー。

ハラハラドキドキに始まりハラハラドキドキに終った1日でした。

スポンサーサイト
今日はもうひとりの娘の11回目の誕生日でした。

11年前の今日の朝、私は帝王切開の手術を前に
無事産まれてくれるかという不安とやっと会える喜びで
いっぱいでいました。前回の出産が帝王切開だったので
危険を避けるため今回も帝王切開ということで手術したのですが、
予定日は5月16日なのに4月27日の20日も早い出産に
不安がなかったと言えば嘘になります。
この手術日もゴールデンウイークは避けて欲しいという
病院側の要望でこの日に決まりました。

そして手術…
麻酔の効きが悪く所定の量を打ってもまだ感覚が残ってます。
足も動くので先生が
「メス!」
と言った時には驚きました。
思わず
「待ってください!まだ足が動くんですけど!!!」
と叫んでました。
すると医者はお腹を針みたいなもので刺して
「感じますか?」
もちろん感じます。
もう一度麻酔のやりなおしです。やっと麻酔が効き手術開始。
途中からまた痛みが出てきて私は「痛い」と叫びだし
あとは口にマスクをはめられ意識がなくなっていきました。
意識が戻った時には娘は生まれており
「女の子ですよ」
と知らせてはくれたものの娘の泣き声は聞いた記憶はありません。
その後娘はすぐにNICUへ運ばれ人工呼吸器をつけられました。
肺がうまく開かず自力で呼吸ができずチアノーゼを起こしていたのです。
2500gで生まれた娘は日に日に体重は減っていき2000gまでに
なりました。3日後には肺気胸を起こしました。
黄疸もひどく、交換輸血をしないといけないかもしれないと言われる。
その後少しずつ体重も戻り、2週間後人工呼吸器がはずれました。
それからは順調に回復し22日後保育器を出ることができた。
1ヶ月半の入院。
生まれてからこの日を迎えるまで何度涙したことだろう。
心配された障害も残らず、退院の日を迎えることができた。

胎児循環器遺残との診断…もう少しお腹にいたらこんなことに
ならなかったのではという思いは今もある。
ゴールデンウィークを避けるなど病院側の都合に合わせなければ
ならなかったことはとても疑問だ。

こんな生まれ方をした娘ですが、今はとっても元気です。
とはいえこのまえ救急車で運ばれちゃいましたが…。
昨日病院で検査を受けました。
心臓にも肺にも異常は見られませんでしたが、
「起立性調節障害」という病気だそうです。
身体の成長と中味のバランスがうまくとれていないみたいです。
でも運動の制限は必要ないようでほっとしてます。
運動大好きの娘から運動を取り上げるのだけはしたくありません
でしたから。
ちょっと薬のお世話にならないといけないけど、
一緒に頑張ろうね!!

生まれてきてくれてありがとう。






最悪の大惨事となった。
死傷者あわせて500人を超える。
まだ14~15人の遺体が車内に残されているらしい。
JRは置き石が原因との見解を押して責任逃れしようとしているように
感じるが、違う気はするのは私だけだろうか…。
この運転士は過去3度も訓告・厳重注意処分を受けているらしい。
この処分が研修という形で13日間行われるらしいが
かなり厳しい研修だそうだ。
伊丹でのオーバーランを40mであったのを8mと偽って報告したことや
遅れを取り戻そうとスピードを上げたことは
その厳しい処分を逃れたいがための行動であったのではないか。
一番大切に考えないといけない安全を後回しにしてしまった代償はあまりにも大きい。

「行ってきます」と元気に出掛けたのに、無言の帰宅。
涙せずにはいられない。

亡くなった方々のご冥福を心からお祈りします。

それにしても電車が脱線するなんてほとんどないことと
私は思っていたが、こんなことが起こるんだ。
現に今日も常盤線脱線してましたね。
なにが起こっても不思議でないこの世の中。
明日死んでも悔いが残らないよう毎日を精一杯生きないとなぁ。


続きを読む
今日利用者さん宅で観ておられたNHKの番組で
傾聴ボランティアを紹介されていた。
食事介助をしながらなにげに観ていた。
傾聴ボランティアなんて今日初めて知った。
話し相手のいないお年寄りを訪ね、一人一人の話に耳を傾ける
傾聴ボランティアが広がりをみせているらしい。
日頃の愚痴や思い出話や家族には見せられない弱音などを
口に出すことで心が軽くなり、明るさを取り戻していかれる。
今日出演されていた傾聴ボランティアの方自身も大腸ガンを経験され
死への恐怖などを味わい苦しんだ時期があったという。
そんな経験をされて心の痛みを知っているからこそ人の痛みも
理解できるのだろう。
ガン克服後5年が経ち再発の心配が薄らいだ時、
傾聴ボランティアを始められた。
聴いてもらう方はもちろん生活にはりが出るのであるが、
ボランティアをしている方も生き甲斐を感じておられる。
まさに人が人に支えられている。そう感じた。

私は毎日お年寄りと接する中で感じるのは
一番話し相手を欲しておられるということです。
でも、掃除をしないといけない。
食事を作らないといけない。
限られた時間にしなくてはいけないことは山積みです。
向き合ってじっくりお話する時間はほとんどありません。
その中で聞くではなく、聴くことを心がけたいです。
「聴という字には心があります。心で聴いて下さい。」と
2級ヘルパーの講習時に先生が話されたことを思い出しました。

初心忘るべからず


娘は昨年の6月くらいに学校でリレーをした後に
過呼吸にになり、救急車で運ばれた。

顔色は真っ青で、意識も朦朧としており、
からだは痙攣し、手足のしびれも訴えます。
「死ぬのではないか?」と本人も周りの者も不安になる
くらいの症状です。

病院で安静にしてるうちに症状はおさまり
数時間後には何もなかったように元気になるのですが…

うちの子供の場合自分の力以上のものをだそうと
必死で激しい運動をすると過呼吸になるようです。
その時腹痛も訴えるのでこれまたややこしく、
やれ盲腸かもと前回は小児科のある病院まで
二次搬送されたりし、大変でした。

一昨日の場合は一度過呼吸を経験してるので、
私もペーパーバッグ法(紙袋を口にあてがって、
自分が吐き出した息を再び吸い込むことを繰り返すことで、
血中二酸化炭素濃度を上げる方法)で
対処しましたが、一向に改善せず結局救急車のお世話に
なってしまいました。

命には別状ないとわかっていても、
目の前で真っ青になって目は半開きで痙攣しているのを見ると、
冷静でおれず不安でいっぱいになり落ち着いて対処することが
できないのも現実です。
親でもこんななので、学校の先生や習い事の先生などは
なおのことだと思います。
かといって運動大好きの我が子から運動を取り上げるのも
かわいそう。
もう少し大きくなって自分の身体を理解できるように
なったら、過呼吸ともうまくつきあって、
自分で対処できるようになれるのかもしれない。




子供が救急車で運ばれた。
症状は腹痛と過呼吸。
少林寺拳法の練習中のできごとだ。
去年も同じ症状で学校から救急車で運ばれたことがある。
前回と同じ病院へ搬送。
20代後半か30代前半と見られる当直医。
レントゲンを撮る前に
「妊娠はしてないよね?」
はっ?私は耳を疑った。
10才の娘が妊娠してるわけないではないか!!!!
最近は早熟で性体験も低年齢化してるとはいえ、
その質問はないだろう。
女性にはマニュアル通りにそれを聞かないといけないと
いう決まりでもあるのだろうか。
でも、私が感じたのは真面目に聞いているというより
半分冗談のような調子に聞こえた。

その後過呼吸が精神的なものがかなり関係することを
知っていたので子供の性格を
「少し気が強い面がありまして」
と伝えると
「気の強い女はいいよ~」
と言いながら聴診器をあてている。

こっちは動揺し心配し子供を連れて行ってるのに
この医者の態度はなんだ!!
子供は大量の便排出後腹痛も治まり家に帰ってきたが
ふとあの医者への怒りが込み上げてきた。
ふざけたヤツだ!

久しぶりに友人とランチ。
場所は京橋。
読売テレビ川向かいのベルベッリーニ
12席程のこじんまりしたお店。
落ち着いたインテリアで椅子の座り心地もいい。
まずは3種類の前菜・パンそれからメインのパスタにコーヒーで1000円。
量としてはちょっと物足りない感じではありましたが、
味はGOOD!それぞれの素材の味が生きてる。
パスタはそらまめとえびのスパゲティーだったのですが、
とーっても美味でした。
私はそらまめは苦手なのですが、気にならずいただけました。
これにデザートがつけば満点なんですが…。
是非是非デザートつきのコースも作ってほしいです。
行く前は「画像撮るぞ」と意気込んでいたものの
いざ料理を前にするとそんなことすーっかり忘れて
食べることに専念してしまいました(>▽<;)ゞ

ベルベッリーニ
大阪市都島区片町2-2-40大発ビル1F
06-6354-6380
定休日 日・祝日




そろそろ母の日のプレゼントを検討しようとネットで探していた。
カワイイ花束に遭遇。
これに決めた!!
大体が赤かピンクの花束になりがちなところだけど、
これはオレンジ基調。新鮮♪
花束なのにこのまま飾れるところが憎い。

母の日 魔法の花束 (送料無料♪) VOL.1
ある利用者さんの飼っていたセキセイインコが死んだ。
いっぱい話し、とても人なつこいピーちゃんでした。
ピーちゃんに「おはよう」と言って1日が始まり「おやすみ」で1日が終るまで何かしら話したり、遊んだりする毎日でした。
そのピーちゃんが亡くなったことへの喪失感、寂寥感。
毎日泣いておられました。

一昨年ご主人を亡くされ独居です。
47歳に脳内出血による片麻痺となり気丈に前向きに生きてこられた方ですが、
最近とても気弱になってこられたように思います。

こないだその方のお家を訪問すると、「プリモプエル」というぬいぐるみがありました。話しかけたり、抱っこしたり、キスしたり、なでてあげることで色々な反応を示すぬいぐるみです。
忘れているとふと話しかけてきたり、かまいすぎると「そっとしといて」って文句を言ってきたり、利用者さんも気が紛れているようです。
でもふとこのプリモプエルは作り物なんだと思った時なぜか虚しさを感じてしまうのです。
ピーちゃんがいなくなったことの傷はまだ癒えておらずピーちゃんのことを話すと涙されます。
こんな時、息子さんが優しい言葉をかけるなりしてくれたら回復力かなり違うのになぁと思ったりします。

独居のお年寄りの寂しさは私達には計り知れないものがあるように思います。
その上身体の衰えや死への恐怖等いろんなものと戦っておられるのでしょう。
まだ40代の私ですら孤独を感じることが多々あるのですから…
これにお金の心配までしないといけない人はもっとつらいのです。
今後年金もそうアテにできない世の中。
年を重ねるのが怖いなぁ。
ローマ法王の葬儀が昨日行われた。
後継法王を選出する「コンクラーベ」が18日から行われるらしい。

コンクラーベぇ!?

なんじゃそれ。
ストーブを何個もつけて厚着をしてどれだけ耐えれるかとか
寒~い部屋でハダカでどれだけ耐えれるかとか
部屋に蚊を放してどれだけかゆみに耐えられるかとか
重いものをどれだけ長く持ってられるかとか
色々競って勝った人が後継法王となるのだろうか…。
無知な私はバカな想像をするのであった。

本当はこういうことらしい。

コンクラーベ(Conclave)の語源は、ラテン語のcon(with)+clavis(keys)。鍵のかかった一室に閉じ込められ、外界との接触を絶つことに由来する。ヴァチカンのシスティーナ礼拝堂で行われるが、別の場所で行われたこともある。

コンクラーベは、教皇の死後15~20日の間に開かれる。有資格枢機卿すべてが参加する義務を負う(定員120人)。重病や死亡などの理由がないかぎり、参加義務不履行者は破門される。1970年のパウルス6世の布告により、枢機卿は80歳になると選挙権を失う。つまり、コンクラーベに参加するのは80歳未満の枢機卿ということになる。



鍵のかかった一室に閉じ込められ、外界との接触を絶つことって
一体中で何が行われるのだろう??
まぁ間違っても私の想像したようなことは行われないことは
確かです。 (^◇^;(^◇^;(^◇^;(^◇^;
sakura.jpg

二人でのケアに入るのに、待ち合わせをしていた。
少し遅れると携帯に連絡入る。
ふと前を見ると1本の大きな桜の木。
こんなところに桜の木があったんだ。
今まで気付かなかった。
満開だ。
木の真下に入り上を見上げてみた。
深呼吸…。
思わぬところで思わぬ出会い。
心に余裕を持つことは大切なんだな。

ちょっとタイムリーではありませんが、
去る3月31日に介護福祉士の合格発表がありました。

受験者数 90,602人
合格者数 38,576人
合格率  42.6%



前回より合格率下がってる…(;。;)
受験者数もかなりの増加です。
やはり昨年の資格に関する法の改正が影響してるようです。
「私はホームヘルパーの資格があれば介護福祉士の資格なんていらないわ」
と思ってた方々がそういうわけにはいかなくなったと
いうことでしょうか。
キット次回も受験者数はかなり増えると思われます。
あ~んかなりの不安がよぎる。
最近少しずつ勉強を始めたのですが、わからんことだらけです。
昨日覚えたと思ったら今日忘れてる(-。-;)
自分の記憶力のなさにほとほと呆れています。
その分時間をかけてやるしかありませんね。トホホ

今年合格された皆さん!おめでとうございました。
来年おめでとうと祝ってもらえることを夢見て
勉強に励みたいとおもいます。宣言!
と自分に言い聞かせております。





hana.jpg

今日はとっても温かい一日でした。
久しぶりに自然の中へ…。
と言っても鶴見緑地花薄公園ですがお花見に行ってきました。
桜は七分咲きってところでしょうか。
でも太陽を浴び緑の中のお散歩は気持ちいいものでした。
散歩中に携帯の落とし物発見。
キット困っておられるだろうと拾って歩いていると
着信。
出ると今も鶴見緑地におられるとのこと。
でも、場所を聞くと私とは正反対の場所。
それも相手の方はあまり鶴見緑地に詳しくないみたい。
「じゃあそちらまで行きますので待っていて下さい」
と言ってしまいました。
あ~んなんてお人好し。
横で聞いていた母は「ばかじゃないの」と呆れ顔。
私は拾った携帯をわざわざ届けに正反対の場所まで
テクテク歩くのでありました。
いいも~ん。
いいことしたらまた自分に返ってくる時がキットくるんだも~ん。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。