ある在宅ヘルパーのつぶやき

在宅ヘルパーになって早5年めに突入…。 日々のできごと、感じたこと、たまにはグチも…ヘルパー的日常を綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下の子の夏休みの宿題の中に4冊の本を読むというのがあります。
大の読書嫌いの娘は「最悪~」を連発しております。
それでもやらないで堂々としてられる性格でもありません。
渋々図書館へ…。
読書好きの姉のアドバイスも得て、なるべく字が大きめの
おもしろいストーリーの物を選んでおりました。
ここまでは誰でもできる。
4冊読んでそのレポート。
そして、1番よかった本を選んで感想文を書かなければなりません。
さてさてできるのでしょうか…先が思いやられます。
家族の中で1人だけの読書嫌いの娘の苦悩の始まりでございます。
スポンサーサイト
わが家のわんこポロン。
最近ここが定位置です。
居間のソファの裏側なんだけど…。
同じ場所に寝転んでみるとソファの下の隙間に
風が抜けて涼しい。
さすがによう知っとるなぁ。

pollo.jpg




ほっとけない世界の貧しさキャンペーンって知ってますか?
私はこないだテレビで知ったのですが、
300円でどれだけのことができるかわからないけど、
何もしないよりはきっといいだろうと思ってます。
先日梅田に出掛けた時に扱ってる書店に寄ってみたけど品切れ。
帰ってオンラインで購入しようとしたら品薄のため
受付中止されてました。
7/20に再開されたので早速注文しました。
少しずつ多くの人に広がればいいなぁと思います。

公式ブログはこちら

あーとうとう子供たちの夏休みが始まった。
私の仕事はこまぎれだから昼の時間空いてる時は
家に帰って昼ご飯の用意をする。
昼の時間が空いてない時は朝お昼の用意をして
出て行かなければならない。
自分一人の時はそれこそありあわせでなんでもいいんだけど、
3人分ともなるとそうもいかず昼のメニューに頭を痛める。
浮かぶのは「そうめん」かなりの定番メニューである。
それだけじゃ栄養ないよなと冷蔵庫にあるものを付け足す。
そんな毎日…
あーこれから40日頑張って乗りきらにゃ。

今日仕事中子供より携帯に電話が入る。
「もしもしまだ帰ってけえへんの?昼ご飯作って~」
なぬ?時計を見るとまだ10時過ぎじゃないのっ。
ええかげんにしてくれ~
このところ毎週日曜日通っていた介護技術講習会。
昨日が最終日でした。

講習会をただ受けるだけでは終らせてくれません。
本番と同じ設定で実技試験がありました。
でも、少し違うのは課題はこれまで3日間で実技指導を
受けた事例の中から出されることです。
でも、12例ありましたから1/12の確率です。
この実技試験に向けてこの1週間
1つ1つの事例のシナリオを作って
子供をモデルに毎日練習しました。
寝る時も頭を離れずイメージトレーニングしながら寝てました。

それでなくても緊張しいの私。
心臓バクバクでもう死にそうでした。
とにかく深呼吸して気持ちを落ち着けようとするのですが、ダメ。
たった5分の試験のためにこんなに緊張するなんて
ホンマちっちゃい人間やなとか思いながらなんとか終了。
試験が終ってから結果がでるまでの微妙に長い
待ち時間がつらかったけど、結果は全員合格
もう感動でした。
受講者の中には60歳過ぎた方もおられ
皆の前向きな頑張りに本当に感動させられました。
この感動を無にしないように学科の試験の合格に向けて
頑張らないと
を消さないよう勉強に勤しみます

PS.前に紛失して大騒ぎした書類、結局最後まで必要ありませんでした。
だったら電話で問い合わせた時にそう言ってくれよォ。
今日手にした介護技術講習修了証明書
これだけは紛失は許されない。直す時家族皆にここに直すから
覚えててね~と言っておいた。誰か1人くらい覚えててくれるだろう




つい先日タイトルにもつかった「やばい」という言葉。
若者の間では「やばい」はこんな時につかうのではなく
たとえばレストランでおいしいものを食べた時
「これやばくない?」
なんて言うらしい。

なら、ホントにやばい時はなんて言うんだ

疑問がいっぱいのおばさんであった…。
ある利用者さんもう90歳を過ぎている。
寝たきりの状態で少し認知症もある。
大量の排便があり、オムツ交換をしていると、
「ぎょうさん出た?よかった。
娘が喜ぶわ。ウンコしたらどつかれんねん。」
娘さんとの連絡ノートには
「言うことをきかないのでたたいてやりました。」
とか
「昨夜は一晩中ふすまを叩いたりでうるさくて寝られませんでした。
いい加減にして欲しいです。」
などと書いてあります。
娘さんはどこにもぶつけられないしんどさを
この連絡帳に書くことでこの気持ち少しでもわかって欲しいと
訴えてられるのだと思います。

毎日2回ヘルパーが訪問していますが、私は1週間に1度の訪問です。
仕事として利用者さんと関わってます。
もちろん笑顔で大量の便のオムツ交換もできます。
でも、もしそれが我が親だったら、そんな関わりできるでしょうか?
答えはNOです。
肉親であるがために言わなくていいことも言ってしまうし、
腹が立つことも多々あると思うのです。

先週のキンスマで大沢逸美が母親の介護の話をされてました。
孤独感。疲労感。憎しみ。いろんな感情が湧き出たようです。
私もこの仕事をしていて色々なご家族を見ています。
介護は本当にしんどいものです。
そろそろ自分の親も年老いてきて、いつ自分にふりかかっても
おかしくない問題。いまから先のこと考えても取り越し苦労になっちゃうけど、
ちゃんと考えとかないといけないなぁと感じた今日でした。

入浴介助2軒連続の仕事から帰ったら
無性にポテトチップが食べたくなり、
あっという間に1袋平らげてしまった
余計ノド渇くって…
その後炭酸飲料ゴクゴク

(ーー;) ウッ

やばい…ポテトチップ1袋502kcal
これだから痩せられないんだよ~
わかっちゃいるけどやめられない。
たまにやってくる無性に食べたい病。
ストレスたまってるんだ、キット…。
食べたい時に食べたい物を食べる。
これはいいことだと思っておこう。

それで今、目の前にこれが↓


キャラメルなのかチョコレートなのか…
チョコレートらしいけど。
開けると1つですますことのできない私は
じっと我慢するのであったー




今日娘と前から気になっていた映画「マラソン」を観てきました。
自閉症のハンディキャップを持ちながらも42.195キロを完走した青年と、
彼に献身的な愛情を注いだ母親の実話を映画化したものです。
障害者にとても冷たいと言われる韓国で、この映画がヒットしたことは
とってもいいことだと思います。
自閉症という障害を持った息子を見守る母親にスポットを当てているの
ですが、障害をもっていない子供に対してでも同じような気持ちを
持つのではないかなぁと感じました。
なかでも、マラソンを走りたいと訴えて母親の手を離して
走っていくシーンにはじーんときました。
子供を育てるということは本当に難しいことです。
その子供が障害者だったらなおのことでしょう。
子供を育てながら自分も成長していくのでしょうけど…。
私は成長できてるのかしら??
欲を言えば、主人公の父親や弟の感情ももっと盛り込んでくれたら
よかったなぁという気がします。

それにしても自閉症の息子を演じていたチョスンウ。
演技うますぎます。「ラブストーリー」の時と別人です。
バスで通院されている車椅子の利用者さんがおられます。
バスは少し小型で後ろに車椅子用のリフトがついています。
そのリフトの操作をきちんとできない運転手さんが多すぎるのです。
私は毎週乗っているので大体の操作方法を熟知していて、
「それはベルト差し込まないと動きませんよ」とか
「少し引っ張ると下りてきますよ」とか
私が運転手さんにアドバイスする始末。
日々、車椅子の乗客がたくさんいるわけではないので、
経験の少ない運転手さんも確かに多いでしょう。
でも、車椅子用リフトがついているバスに乗務する以上
研修なりなんなりしてマスターしておくのが当然じゃないでしょうか。
操作の面もですけど、マナーもです。
挨拶のない人。
「めんどくさいなぁ」みたいな顔で降りてきて、終始無言で操作する人。
車椅子にブレーキもかけていないのにリフトを動かす人。
過日のJRの事故もしかり、色んな面での教育をして欲しいなぁと
感じます。

それからもうひとつ。
そのバスの中でのこと。
あるヘルパーと利用者さんがペアでバスに乗ってきます。
利用者さんは歩行も自立されており見守りで十分な方です。
その2人はいつも前の方の席に座ります。
段々車内は込み合ってきて満席の状態です。
前のドアから杖をついた足元おぼつかないお年寄りが乗ってきました。
そのヘルパーはびくともしません。
お年寄りはバスが曲がる度ブレーキをかける度によろけます。
見かねて違う後ろの方の乗客が席を譲りました。
私なら絶対席を譲ります。
お年寄りを介助する立場であるヘルパーとして
利用者さんを守ることが1番の使命でしょう。
でも、周りに配慮する気持ちも必要だと思うのです。
私の考えはヘルパーとして間違っているのでしょうか?
やはりヘルパーとして利用者さんの隣に座っていないと
いけないのでしょうか。
私は利用者さんの身体状況にもよるとは思いますが、
席を譲ったとしてもヘルパーとしての仕事はできる気がするのです。

今日はグチグチ美桜でした。ごめんなさい。
皆さんのご意見聞かせていただければうれしいです。
今日文庫本を読みながら自転車をこいでる人を見た。
そこまでして読むか?
携帯のメールしながら自転車こいでる人はよく見るけど、
本は初めて見たよ~(ノδ◇δ)ノびっくり!!
佳境に入ってて少しでも読みたかったのかなぁ?

私は自転車こいでる時メールが入って
気になってメール読んでたら、ポールにぶち当たって
おもいっきしこけた経験の持ち主です(^▽^;)
あんな恥ずかしい思いは二度としたくないので、
自転車に乗ってる時は自転車に集中します。
でも、仕事で時間に追われてるとついついスピードをだしてしまい、
何度も車とぶつかりそうになることがあります。
気をつけねば…。

うちの下の子ですが、このBLOGを始めてからも2度ほど具合悪くなって
救急車で運んだり、時間外で診てもらったりがありました。
今日診察を受けたら今までの起立性調節障害という診断に加えて
自律神経性てんかんの可能性があると言われたのです。
「てんかん」の言葉を聞いてびっくり;∂ロ∂)!!
先生の説明によるとてんかんにも種類があって
自律神経性てんかんの発作は意識は失わず激しい頭痛や吐き気などの
症状がでるそうだ。10歳から12歳の子供に多いらしく、
中学生くらいに治ることが多いらしい。
運動もOKで普通通りの生活でいいとのこと。
ここまで聞いてちょっとホッとした。
いろんな病気があるんだなぁ。
たまにしか起こらない発作のために予防の薬は飲まない
方向で様子をみることにしました。

でも、発作がいつ起きるかわからないというのは不安だなぁ。
仕事中に携帯がなるとΣ(*。*;ノ)ノ ビクッ!とする。
当分は病気とうまくつきあっていかないと仕方がない。


いきなり次回予告

3人の人物名を入れるんだけど私は
旦那、鬼嫁、姑と入れてみた。
すると…

目の前にいるのは紛れなく旦那…
鬼嫁「どうして旦那がここにいるの…」
旦那は姑によって消されたはずなのに…
次回最終回「貴方の瞳に写ったもの」
絶対に見逃さないでくださいね



という次回予告がでた。
単に笑えるサイトです。
みなさんもお試しあれ!
最近ブログまわってると花が咲いてるメロメロをよく見かけ、
アイテムゲットすべく放浪してました。
やっとみっけました、みっけました
青チューリップの球根と黄色の花のタネ

tane.jpg


聞くところによると13種類もアイテムあるそうで…。
これからも増えるのかなぁ?楽しみぃ。
少しずつアイテム増やしていきたいです。

メロ達募集中ですので、どんどん声掛けお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。