ある在宅ヘルパーのつぶやき

在宅ヘルパーになって早5年めに突入…。 日々のできごと、感じたこと、たまにはグチも…ヘルパー的日常を綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつのまにか10000hitを越えておりました。
カウンターをつけたのはBLOG開設して少したってからだったから
10000以上のアクセスがあったということですよね。
こんな拙いBLOGにいつもおつきあい下さり本当にありがとうございます。
本当に感謝感謝です。
たくさんの方のコメントに励ましてもらったり、肩の荷が下りたり、
ふふっと笑ったり、いろんなパワーをいただいてます。
ありがとうございます。
インターネットの中でのおつきあいですが私の中で
いろんなイメージができていて、この場に色々吐き出すことで
助けられてる部分がかなりあります。
こんな私ですが今後ともどーぞよろしくお願いしマス。

心からありがとう

スポンサーサイト
現在中3受験生の娘。
最近毎月模擬試験を受けています。
五科目の偏差値やそれぞれの教科の弱点の分析や
志望校の合格可能性などが結果で返ってくるのですが、
たった1ヶ月で学力って変わるものでしょうか。
その時々のテストで出題が得意分野だったりするだけで
結果に大いに差が出ます。
この受験に関しては塾からの半強制で受験料は4000円!!
痛い出費です。
2ヶ月に1回くらいでいいんじゃないの??
塾も日曜特訓などで月謝は上がるばかり…
家計を逼迫している教育費。
頑張って公立高校合格してちょうだい。
えいえいさんからイメージバトンなるものが回ってきました。
しりとりみたいに簡単に参加できるので
みなさんの色々なイメージを楽しみつつ参加させていただきます。

ライブドア→ホリエモン→ドラエもん→伊衛門→京都→ ソルト(塩)→海→ブルー→ハワイ→チョコレート→ 鼻血→紅→しょうが→そうめん→氷→オホーツク海→ 蟹→妖怪→研ナオコ→モノマネ→四天王→ティッシュ→テルテル坊主→遠足→たこさんウィンナー→ 子供→メイ→トトロ→愛→地球博→人ごみ→フバーゲン→ ブランドランス→パリ→洋菓子→ジャンボモナカ→皮→ 鳥肌→蟻(アリ)→ボクシング→汗→アイスホッケー→ カナダ→ガダルカナルタカ→チョコボール向井→電車男→もこみち→ルイージ→ギルガメッシュナイト→ 鬼畜騎士→細川茂樹→チャーリーズエンジェル→ M・C・ハマー→チャーリー浜→お好み焼き→ばってん→荒川→制服→青春時代→性少年→女家庭教師→のぞき穴→カレイドスコープ→ルミナリエ→六甲のおいしい水→トラッキー→マスコット→手芸→入園準備→夜なべ→手袋→編み物→毛糸→マフラー→暖かい→家族→旅行→思い出→

ときてえいえいさんなんとデートだそうです。
確かに青春の思い出ですね。
でも、思い出になっちゃうのもさみしいなぁ。
今もドキドキのデートしたいよォ。
そだなぁ・・・デートといえば遊園地

興味を持ってくださった方!
是非バトン受け取ってくださいまし。


ヨン様好きの母にねだられ「四月の雪」観てきました。親孝行親孝行…
(llll ̄~ ̄;lll)う~ん・・・
え?これで終わり?って感じの映画でした。
ホ・ジノ監督の特徴かかなりセリフが少ない。
シーンのカットが多くて場面がころころ変わる。
けど、ヨン様ええカラダしてる。
評価は★★★☆☆
cinderera.jpg

実はこないだの日曜には「シンデレラマン」も観たのです。
本当は「チャーリーのチョコレート工場」を観たかったのですが、
あいにく満席で諦め仕方なく「シンデレラマン」にしました。
これも(llll ̄~ ̄;lll)う~ん・・・
感動するだろうとハンカチにぎって観てたのですが
あまりにも普通のストーリーすぎて感動できなかった。
ボクシング映画としては「ロッキー」の方が断然いいと思う。
ラッセルクロウの作品としては「グラディエーター」の方がよかった。
けど、ラッセルクロウなんであんなになで肩なんだ?
これも★★★☆☆

4日間で2本も映画を観たわけですが、どちらも今ひとつでがっかり。
次は好きな作品にめぐりあえますように・・・

今日、映画の最中に4回も娘の学校から電話が入っていて
あわてて観賞後学校へ電話を入れたらまた過呼吸の症状がでたそうで、
「でも、今はもう元気にされてます。」とのこと。
よかったーホッ(-。-;)
こんな時に限って調子悪くなるのよね~。
大した発作でなくてホントよかった。
ここんとこ落ち着いていたから安心してたんだけど、
まだまだ治ってないみたい。トホホ
壁の一部分に汚れが目立ったので、
簡単マイペットをシュッシュッとかけて
ゴシゴシ拭いた。
するとその汚れはキレイに取れた。
ちょっと離れて拭いた所を見てみると
そこだけが真っ白になって余計目立っている
結局壁全体を拭く羽目に…
でも一番上まで届くはずもない。
クイックルワイパーにウェットペーパーを装着し
部屋中の壁を拭きまくった。
仕上がりはなんだかむらむらの汚い壁
やらない方がよかったのかも…
けど、利用者さんちじゃなくてよかった。
最近家族で私だけが虫に刺されおかしいなと思ってた。
それも真っ赤でとにかくかゆみがひどいのだ。
こないだ事務所で同じ利用者さんに入ってるヘルパーに会った時
「美桜さん、虫に刺されてない?私ものすごい刺されてひどいねん」
とポロシャツをめくって刺された痕を見せてくれた。
わぁまさに私と同じ刺され方!!!
原因は利用者さん宅だったんだ・・・
確かにその利用者さんにケア入るたびになんかかゆくて
虫さされが増えるような気がしてた。
でも、当の利用者さんがあまり刺されていないので
違うかなぁと思っていた。
証拠があるわけではないので、そうそう軽々しく
〇〇さん宅で刺されましたなんて言えないですもん。
聞くとその利用者さんに入ってるヘルパーのほとんどから
訴えがあったようで、今回バルサンをたいてもらったそう。
その依頼はサービス責任者から別居しているお嫁さんに
したそうなんですが、利用者さんは
「影で悪口言わなくても直接言ってくれたらいいのに」
とちょっとご立腹のご様子。
こういう時って対処が難しいんですよねぇ。
バルサンたいてからまだ訪問してないけど、
改善されたかな?
もうこのかゆみから解放されたい



資生堂ウーノの宣伝見ましたァ??
すごい変身度!!
笑えました。
これがマイク投げつけるあの人とはネェ…。
意外に綺麗じゃない?
お笑いタレントをウーノで変身させてるんだけど、
この人が1番変わったと思う。

答えは[READ MORE...] を押してね!

続きを読む
事務所からの実技講習ということで消防署へ応急手当の講習を受けてきました。
救命救急の講習を受けるのはこれで3度目。
でも今回はAEDという機器を使った除細動の応急手当が加わりました。
この機器はすでに心停止してる方に電気を流すことで救命するというものです。
一般の人にも使いやすいように除細動が必要かどうかを自動的に決定して、
どういう操作をすればいいか音声メッセージで知らせてくれます。
去年までは一般の人はこの機器の使用は禁止されていましたが、
去年から一般の人も使えるようになったそうです。
でもこのAED、まだまだ配備されているところが少なすぎる。
いくら使えるようになっても、肝心のAEDがなければどうしようもない。
私が住んでいる市にもまだ2台しか配備されていない。
国はこういうことにお金使って欲しいなぁ。
たくさん配備された頃にはすっかり使い方忘れてると思う(ーーA;;
先日話したAさん。
精神科の病院に入院されたそうです。
元気になって戻ってこられますように…

ってことで、空いたこの時間。
違う方のお宅に伺うことになりました。
ここんとこ長いおつきあいの利用者さんが多くて、
新しい利用者さんにケア入るの久しぶりです。
初めてお会いする時当たり前のことですがとても緊張します。
お互いが「どんな人なんだろう??」って探りあい…
信頼関係ができるまでの間利用者さんからの観察の目が
突き刺さります。
当たり前ですよね、見ず知らずの他人が自分の家に入ってきて、
掃除したり、料理したり…下の世話してもらったり…
不安があって当然です。
私が心がけてるのはとにかく笑顔。これにつきます。
それと、目をちゃんと見て話すこと。これも大切なことだと思います。

今日の新しい出会い。
またいろんな話聞かせてもらおう。
不安いっぱいだけど、わくわくもしてる私。
とは言ってもどうも波長の合わない人がたまにいる。
これを克服するのがヘルパーとしての試練かな。
博士の愛した数式
前に記事にしたことのある、本屋大賞の昨年の1位の作品。
気にはなっていたものの、大の数学嫌いの私σ(・_・)
ちょっと尻込みしていた。
こないだ図書館に行った時みつけたので手にとってみた。
最初の数ページを読んでみるとなかなか読みやすそう。
借りてみた。
交通事故で80分間の記憶しかできなくなってしまった博士と
家政婦親子の交流を描いている。
読み進むうちに博士が大好きになっていく。
数学嫌いの私でもなんか数字に愛着を持ってしまった。
見たこともない数式にもそういう解釈があるのかと大発見もあったりで、
博士の思いやりや家政婦親子の優しさが伝わってきて、
とっても味のある作品だった。

最近日に日に体重が落ち憔悴気味のAさん。
いつもケアに入るたび冗談言って笑ってました。
今はもう冗談を言う気力もありません。
ご飯も殆ど食べられず1日にエンシュアドリンク2缶しか
摂取していません。
担当のケアマネもどうにかしないといけないと
色々検討されていますが、なかなかいい手段がみつかりません。
少し精神を患っているため受け入れ先が限られてくるのです。
娘さんもいますが、面倒を見る気は全くありません。
私はAさんと3年ほど関わっています。
3年も関わっているとかなり情も湧いてしまって
この状況を見るのは本当につらいです。
ケアが終わって帰ろうとしたら
「もうちょっとおって。寂しいねん。帰らんとって。」
とお願いされました。
「ごめんね。」と手を握ってその家を後にしました。
その懇願された顔が今も浮かびます。
またAさんの冗談が聞ける日はくるのでしょうか。
そう願うばかりです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。