ある在宅ヘルパーのつぶやき

在宅ヘルパーになって早5年めに突入…。 日々のできごと、感じたこと、たまにはグチも…ヘルパー的日常を綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
元プロウィンドサーファーの飯島夏樹さんがハワイで亡くなられました。38歳でした。
私は先月のテレビでのドキュメンタリー番組で初めてこの方を知り、それからHPを覗いてその後を見守ってきました。
愛する奥様、4人の幼い子供達を残しての早すぎる死。
どれほど苦しまれたことでしょう。
苦しい闘病の中書くということが天職と2/19まで書き続けられました。
書くことで癒されていたと言います。
大好きな南の島の風に吹かれ、愛する家族の見守る中逝った飯島さん…。
「悲しみはいつか喜びに変わります。」
そう思える強い自分になりたいです。
飯島さんの姿を見て自分の悩みなんてちっぽけだなと感じました。
たくさんの勇気をありがとう。
心からご冥福をお祈り致します。

飯島夏樹公認BLOG
スポンサーサイト
コメント

私も番組みました。亡くなったんだ。。。
残された家族の人達に頑張ってほしい。がんばらなあかんよね。私もがんばろう。。。みんながんばろう。。。
2005/03/03(木) 08:57:02 | URL | イルカ大好き娘 #-[ 編集]

新聞で知りました
夏樹さんの事は知らなかったけど
本が出版されるんですね
美桜さん読むのでしょう?
2005/03/03(木) 14:13:16 | URL | へる #TY.N/4k.[ 編集]

こんにちは。初心者ヘルパー奮闘記のかおるです。私も以前から ドキュメンタリー番組などで 彼の存在を知っていました。力強く生きたんでしょうね・・・。彼の小さな子供達も きっとパパの人生 胸に焼きつけたでしょうね・・・。私もご冥福をお祈りいたします。
2005/03/04(金) 22:13:55 | URL | かおる #be3FNRow[ 編集]
本屋さんで 見ました
私は 亡くなったというニュースで
この方を 知ったです。

5人のお子さんと奥様とのハワイでの
生活を テレビで チラっと見て、

ご本人は 身体が辛いでしょうけれど、
一番大切なものを 残していかなければならない 家族に 身を持って伝えているのだなと 思いました。

・・余談ですけど、
「天国で君に逢えたら」って思う人が
妻であったり 夫で有る人は しあわせ
だよね~~~
2005/03/04(金) 23:36:54 | URL | runa♪ #-[ 編集]

イルカ大好き娘さんへ>>
家族の悲しみはとても大きなものでしょうね。でも彼が家族に残したものはそれ以上に大きいんだと…。

へるさんへ>>
「今日も生かされてます」というタイトルで新潮社のHP http://www.shinchosha.co.jp/tenkimi/top_fl.htmlで日記が掲載されておりそれを読んでいたので次にでる本は読みませんというより、読みました。なので、「天国で君に逢えたら」を読んでみようかなと思ってます。

かおるさんへ>>
余命を宣告されたら私はあんなに強く生きられるだろうかと思うと、頭が下がる思いです。

ルナさんへ>>
「天国で君に逢えたら」って思う人が
妻であったり 夫で有る人は しあわせ
だよね~~~←ホントだよね。そういう意味ではいい伴侶に恵まれて飯島さんは幸せだったろうなと思います。
2005/03/05(土) 21:00:49 | URL | 美桜 #ChnpJQjY[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mymy.blog2.fc2.com/tb.php/51-ade48537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
飯島夏樹さん逝去の報に接して思う事
フジテレビ系列で放送されている「ザ・ノンフィクション」(日曜日 14:00~14:54)という番組を良く見ている。寄る辺を失い、もがき苦しみながらも必死で生きている人々に焦点を当てる事が多いこの番組には、考えさせられる事や胸を熱くさせられる事もしばしば。
2005/03/03(木) 03:35:43 | ば○こう○ちの納得いかないコーナー
天国で逢おう
連日ご紹介したLD社小島さんブログの最新日記に、プロウィンドサーファー飯島夏樹さんの訃報が記されていました。正直、頭の中真っ白。小島さんと同様、あたしも「ノンフィクション」をたまたま観た口で、あたしの場合、それまで飯島さんのことは知りませんでし
2005/03/03(木) 19:00:32 | sakura+web
飯島夏樹『天国で君に逢えたら』/占い日記
生きていくうえで、最も大切なことを教えてくれた。大切な人を愛しつづけよう。たくさん、たくさん、抱きしめよう。子どものことを守ってあげられるのは私しかいないから、しっかり手を握っていよう。そう思わせてくれる本です。 結局自分が死んでから残るものって、 “人
2005/03/08(火) 14:19:03 | 占い日記
生きるのに時があり、死ぬのに時がある
 理由なんてない。 人間は生きていくものだ。と書いた過去の記事に対し、下記のコメントをいただいた。「人間には生きる理由も存在する理由も 生まれる理由も死ぬ理由もあります。 理由も無く偶然に生まれて死んでいく人生なんてありません」その理由は誰が与えるのだろ
2005/03/08(火) 14:19:14 | 占い日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。