ある在宅ヘルパーのつぶやき

在宅ヘルパーになって早5年めに突入…。 日々のできごと、感じたこと、たまにはグチも…ヘルパー的日常を綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
娘は昨年の6月くらいに学校でリレーをした後に
過呼吸にになり、救急車で運ばれた。

顔色は真っ青で、意識も朦朧としており、
からだは痙攣し、手足のしびれも訴えます。
「死ぬのではないか?」と本人も周りの者も不安になる
くらいの症状です。

病院で安静にしてるうちに症状はおさまり
数時間後には何もなかったように元気になるのですが…

うちの子供の場合自分の力以上のものをだそうと
必死で激しい運動をすると過呼吸になるようです。
その時腹痛も訴えるのでこれまたややこしく、
やれ盲腸かもと前回は小児科のある病院まで
二次搬送されたりし、大変でした。

一昨日の場合は一度過呼吸を経験してるので、
私もペーパーバッグ法(紙袋を口にあてがって、
自分が吐き出した息を再び吸い込むことを繰り返すことで、
血中二酸化炭素濃度を上げる方法)で
対処しましたが、一向に改善せず結局救急車のお世話に
なってしまいました。

命には別状ないとわかっていても、
目の前で真っ青になって目は半開きで痙攣しているのを見ると、
冷静でおれず不安でいっぱいになり落ち着いて対処することが
できないのも現実です。
親でもこんななので、学校の先生や習い事の先生などは
なおのことだと思います。
かといって運動大好きの我が子から運動を取り上げるのも
かわいそう。
もう少し大きくなって自分の身体を理解できるように
なったら、過呼吸ともうまくつきあって、
自分で対処できるようになれるのかもしれない。




スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mymy.blog2.fc2.com/tb.php/68-d52bea16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。